野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人に15歳で練習生として入団 台湾人左腕リー・イーフォンの今

今シーズン、プロ野球では4月に西武ライオンズ、6月には阪神タイガースで「台湾デー」が行われた。現在のNPBでは台湾人選手が所属する球団も多く、日本球界での活躍も目立つ。一方で、かつて日本の球団に在籍していた台湾人選手は、現在どのような生活をしているのだろうか。

20160710_lee

08~11年に巨人に所属の台湾人左腕、「30歳までは野球をやりたい」

 今シーズン、プロ野球では4月に西武ライオンズ、6月には阪神タイガースで「台湾デー」が行われた。現在のNPBでは台湾人選手が所属する球団も多く、日本球界での活躍も目立つ。一方で、かつて日本の球団に在籍していた台湾人選手は、現在どのような生活をしているのだろうか。

 左腕のリー・イーフォン投手は2008年、台湾・台中の中学校を卒業後、15歳で練習生として巨人に入団。しかし、日本で一度も登板することはなく、入団から3年後の2011年に戦力外通告を受けた。現在、台湾・台北の社会人強豪チーム、トプコ・ファルコンズでプレーしていると聞き、台北を訪れた。

 台北市内にある松山空港に近い基隆河の河川敷で、トプコ・ファルコンズの練習試合は行われていた。リー・イーフォン選手に声をかけると、流暢な日本語が返ってきた。巨人の元チームメートとは今でも仲が良く、連絡を取り合っており、日本語も忘れないように勉強しているそうだ。そんなリー・イーフォン選手に、日本での生活のこと、巨人退団後のことを聞いてみた。

――15歳で巨人に入団し、大変だったことは何ですか?

「日本語が話せないまま入団したので、チームメートとのコミュニケーションが一番大変でしたが、先輩たちが優しくて、よく面倒を見てくれたので、困ったことはありませんでした。2年目からは、だいぶ言葉がわかるようになりましたが、巨人にいた3年間で一番勉強したのは日本語です」

――日本での生活はどうでしたか?

「ずっと怪我をしていたので、野球は思うように出来ず、台湾に帰ってきました」

人気記事ランキング