野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島、25年ぶり優勝へ2位と10差ターン 緒方監督が考える好調の要因は?

広島、25年ぶり優勝へ2位と10差ターン 緒方監督が考える好調の要因は?

前半戦を終え、広島の緒方監督がこれまでの戦いぶりを総括した。

独走状態で前半戦を折り返した広島

 前半戦を終え、広島の緒方監督がこれまでの戦いぶりを総括した。

 開幕から首位争いに加わり、交流戦で混戦のリーグから一歩抜け出したチームは、2位に10ゲーム差をつけ、25年ぶりのリーグ優勝へ独走状態となっている。

「開幕からここまで、監督、コーチも含めて、選手一人一人が目指す野球ができている。それがこの結果につながっている」という緒方監督。好調の要因として、「当初からウチが目指していた投手を中心にした守り勝つ野球ができている。キャッチャーの石原を中心に、菊池、田中、丸のセンターラインがしっかりしているし、投手陣は先発もリリーフも1イニング1イニングの積み重ねで、自分の責任を果たせている」と、まずは守りの重要性を強調した。

 好調の攻撃陣に関しても、「チャンスを作る人、それを返す人、それぞれの役割が明確で、そこに機動力を絡めた野球もできた」と、選手個々のレベルアップに手応えを感じている。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中