野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

各ポジションで選出、ホークス独走のパ・リーグ前半戦で際立った選手は?

パ・リーグは日本一3連覇を目指すソフトバンクが圧倒的な選手層で首位で折り返し。そんな前半戦で活躍の目立った選手は――。各部門で活躍の目立った選手たちを選出してみた。

20160427_arihara

投手2冠の有原、両リーグ最多Sのサファテ…前半戦で輝いたパ選手

 プロ野球は13日で前半戦が終了。15、16日は「マツダオールスターゲーム2016」が行われ、勝負の後半戦は18日から始まる。

 パ・リーグは日本一3連覇を目指すソフトバンクが圧倒的な選手層で首位で折り返し。6ゲーム差の2位で追うのは歴代4位タイの15連勝を記録した日本ハム。さらにロッテが3位で上位を追う。4位・楽天、5位・西武、6位・オリックスはクライマックスシリーズ争いへ加わりたいところだ。

 そんな前半戦で活躍の目立った選手は――。各部門で活躍の目立った選手たちを選出してみた。

【投手】
○先発
日本ハム・有原航平
13試合登板、9勝3敗、防御率1.73

 防御率1位、勝利数はリーグ1位タイと2冠。4月上旬に腰椎捻挫で離脱したものの、5月17日のソフトバンク戦(北九州)で開幕5連勝を記録。その後に3連敗したが、6月14日のDeNA戦(新潟)から再び4連勝を記録した。クオリティースタートは11試合で記録し、リーグ2位のQS率84・62%と安定感抜群だった。

○中継ぎ
日本ハム・宮西尚生
30試合登板、3勝0敗19ホールド、防御率0.78

 5月14日の西武戦(札幌ドーム)でプロ野球史上2人目、パ・リーグでは初となる通算200ホールドを達成。4月12日のオリックス戦(京セラドーム大阪)から29試合連続無失点で、自身の持つ球団記録を更新した。後半戦はリーグ新記録となる新人から9年連続50試合登 板の期待もかかる。

○抑え
ソフトバンク・サファテ
42試合登板、0勝5敗28セーブ、防御率1.54

 リーグ最多登板。同点での救援で5敗目を喫しているが、セーブ機会での救援では失敗がない。前半戦最終戦13日のロッテ戦(QVCマリン)で両リーグトップの28セーブ目を挙げた。

人気記事ランキング