野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

後半戦初戦で完封負け、ホークス工藤監督が怒りの矛先向けたプレーは…

試合後の工藤公康監督は、満塁被弾の東浜について聞かれると「甘い球を投げないピッチャーはいない。それよりも、その前のプレーの方がよっぽどね」と、フィルダースチョイスで1死満塁の状況を作った細川亨に怒りの矛先を向けた。

20160718_kudo

5回途中5失点の東浜には「ここ2、3試合同じようなピッチング」

 18日、ソフトバンクにとって後半戦のスタートとなったオリックス戦は福岡での「鷹の祭典」の初日。しかし、先発の東浜巨がT-岡田に満塁弾を許すなど0-6で敗れ、青一色に染まったスタンド同様、チームにはブルーな気分が漂った。

 試合後の工藤公康監督は、満塁被弾の東浜について聞かれると「甘い球を投げないピッチャーはいない。それよりも、その前のプレーの方がよっぽどね」と、フィルダースチョイスで1死満塁の状況を作った細川亨に怒りの矛先を向けた。

「あれくらいのベテランがセカンドで間に合うかどうかくらいしっかり判断できないと。(1アウト一塁、三塁からの)セーフティスクイズだと思うけど、それが思ったより転がらなかったから三塁ランナーは突っ込まなかった。それを間に合わないセカンドに投げてしまうのがね。あそこは(一塁に投げて)1つのアウトをしっかり取るように判断しないと。投げるときに二塁は見えるはずだから、らしくないですね」

 東浜については「ここ2、3試合同じようなピッチングが続いているね」とひと言。

「コントロールを意識しすぎてスピードが出ていない。低めにしようと思うと腕の振りを抑えないといけないからね。下(下半身)を使って低めに投げなきゃいけないのがピッチャーの基本。それができないのは練習不足なのか、意識が足りないのか、そこはコーチが見てしっかり伝えていかないと」

人気記事ランキング