野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ハム大谷翔平、衝撃の好走塁で右前適時二塁打マーク

ハム大谷翔平、衝撃の好走塁で右前適時二塁打マーク

日本ハムの大谷翔平投手が26日の西武戦(西武プリンスドーム)で衝撃の好走塁を見せた。

日本ハム

2試合連続のマルチヒット

 日本ハムの大谷翔平投手が26日の西武戦(西武プリンスドーム)で衝撃の好走塁を見せた。

「5番・DH」でスタメン出場。1点リードの4回無死二塁。岸の甘く入ったチェンジアップを捉えた。右翼右側へのライナー性の打球で二塁走者・中田が生還。ここまでは普通だったが、深い守備隊形を見た大谷は一塁ベースを蹴ったところで加速。中継に入った二塁・浅村にボールが戻る間に二塁ベースへ滑り込んだ。右前適時二塁打とした。

 野手出場3試合ぶりの打点。2回1死では右前安打を放っており、22日のオリックス戦(札幌ドーム)に続き2試合連続のマルチ安打をマークした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング