野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

U15侍の誇るユーティリティマン鈴木琉晟、チャンスを生かし攻守で貢献

「3回 WBSC ベースボールワールドカップ in いわき」の予選リーグ4日目だった1日、侍ジャパンU-15代表はチェコと対戦した。日本は15-0と快勝したが、その中でも6番・サードでスタメン出場した鈴木琉晟がクリーンアップに負けず劣らずの存在感を示した。

チェコ戦では主軸に負けぬ2安打3打点「単打で1点でも多く取れるように…」

 「3回 WBSC ベースボールワールドカップ in いわき」の予選リーグ4日目だった1日、侍ジャパンU-15代表はチェコと対戦した。日本は15-0と快勝したが、その中でも6番・サードでスタメン出場した鈴木琉晟がクリーンアップに負けず劣らずの存在感を示した。

侍ジャパンU-15代表、及川がまた好投でベネズエラ撃破 決勝戦の登板も“内定”(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 1戦目オーストラリア戦以来のスタメン出場となった鈴木は、第1打席から魅せた。

 「3連勝してきて、全勝で決勝ラウンド進出を決めたかったので、チームのために長打ではなく単打で1点でも多く取れるように、コンパクトに振ろうと思いました」

 初回、ボークと内野ゴロの間に得点し、いきなり2-0とリードを奪った日本。2死三塁と追加点のチャンスで鈴木に打席が回ってきた。カウント3-1からの5球目、106キロの内角高め直球にバットを振り抜いた。単打を狙ったシャープなスイングで、打球は左中間を真っ二つ。この試合、侍ジャパン初のタイムリーヒットになった。

 8-0から2点を追加した5回は、1死満塁の絶好機にライトへ2点適時打。「追い込まれたので、チームで徹底している“追い込まれたらノーステップ”で遅い球を待ち、きっちり右方向意識で変化球に対応することができました」と、狙い通り外角チェンジアップを捉えた。この回7点を奪う猛攻をつないだが、「追い込まれる前のストレートをきっちり捉えていれば。ファウルにしてしまったので」と反省も忘れなかった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中