野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日本ハム、先発・増井が好投も打線が沈黙 首位SBと5ゲーム差

日本ハム、先発・増井が好投も打線が沈黙 首位SBと5ゲーム差

日本ハムは4日のロッテ戦(QVCマリン)で0-3で今季6度目の完封負けをした。12カードぶりのカード負け越しだった。

日本ハム

6年ぶり1軍先発の増井は5回無失点も、チームは今季6度目の完封負け

 日本ハムは4日のロッテ戦(QVCマリン)で0-3で今季6度目の完封負けをした。12カードぶりのカード負け越しだった。

 打線が再三のチャンスを作りながらも、あと1本が出なかった。3番スタメンの大谷は初回1死二塁で空振り三振、5回2死一、三塁で見逃し三振するなど3打数無安打3三振。打線のブレーキとなった。

 抑えから先発転向した増井が6年ぶりに1軍先発。最速152キロの直球を武器に、5回4安打無失点と快投したが、降板直後の6回に2番手・鍵谷が2失点。8回には榎下が1失点した。

 この日の敗戦でホークスと5ゲーム差に広がった。最短で6日にホークスの優勝マジックが点灯する。

 チームの快進撃を支えていた岡が右太もも肉離れで離脱したのも痛い。5日から敵地・ヤフオクドームでソフトバンク3連戦に臨む。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング