野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス千賀が5失点で今季初黒星、工藤監督「本人が一番反省してるだろう」

試合後、工藤公康監督は中田にストレートを適時打された初回の失点の場面を振り返った。

20160508_kudo

大谷に浴びた2ランには「攻め方もあるかもしれない」

 6日の日本ハムとの首位攻防第2ラウンドに1-8で敗れたソフトバンク。先発の千賀滉大は、初回に中田翔の適時打で先制を許すと、3回には大谷翔平に2ランを浴びるなど、6回5失点で今季初の黒星を喫した。試合後、工藤公康監督は中田にストレートを適時打された初回の失点の場面を振り返った。

「中田くんの調子が上がっている中で、(カウント)3-2からもうちょっと慎重にというか、変化球には合ってなかったからね。フォークなり、スライダーなりを投げていればね。大谷くんのホームランも、初回に三振を奪ったイメージをもっていれば、別の攻め方もあるかもしれない」

 ただ、その点については「本人が一番反省してるだろう」と千賀を気遣いながら次のように続けた。

「こういう試合はあってほしくないけど、1個1個反省を生かしていかないと。(千賀は)成長過程の選手だし、まだまだ大きくなってもらわないといけない選手だからね。今日は、バランスなのか、リリースのタイミングなのか、そういうところで苦しんでいたと思う。また練習していきながら、有利なカウントにするための方法を見つけてもらうしかない」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中