野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 反省生かし12勝・前田健太の好投を指揮官絶賛「非常にいい球を投げていた」

反省生かし12勝・前田健太の好投を指揮官絶賛「非常にいい球を投げていた」

16日(日本時間17日)フィリーズ戦で今季12勝目(7敗)を挙げたドジャース前田健太投手。今回は敵地での対戦となったが、前回フィリーズと対戦したのは本拠地で、わずか1週間前のことだった。

20160817_maeda4

9日フィリーズ戦は5回3失点と苦しい投球も、一週間後にきっちり修正

 16日(日本時間17日)フィリーズ戦で今季12勝目(7敗)を挙げたドジャース前田健太投手。今回は敵地での対戦となったが、前回フィリーズと対戦したのは本拠地で、わずか1週間前のことだった。

 前回は苦しい投球内容で5回を6安打3失点に抑えるのがやっとだったが、この日は打線の援護に恵まれた一方、マウンド上の前田も完全に主導権を握る好投を披露。2本のソロ弾で2点を失ったが、失投らしい失投はその2球だけで、6回を投げて3安打9奪三振1四球で2失点という圧倒的な内容だった。前回の反省を生かした前田の好投について、ロバーツ監督はその修正能力の高さに驚いたという。球団公式サイトが伝えている。

 この日の投球内容について聞かれたロバーツ監督は「ケンタは非常にいい球を投げていた」と絶賛。「速球の制球はよかったし、今日は速球を見逃してのストライクはもちろん、空振りでもストライクを奪えていた。打者のバランスを崩せたな」と持ち味を発揮した内容に大満足の様子だったという。

人気記事ランキング