野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 日ハム大谷、“例外規定”での首位打者へ好調維持 鍵は最低打率のロッテ戦か

日ハム大谷、“例外規定”での首位打者へ好調維持 鍵は最低打率のロッテ戦か

大谷は今季打者として65試合出場。278打席、230打数で80安打を放ち、打率3割4分8厘と好成績。仮にシーズン残り31試合全て打者として出場して、このペースを守れば、シーズン410打席、339打数、118安打が見込まれる。

21日のSB戦は今季7度目の猛打賞、打率3割4分8厘と好調を維持

 両リーグ初の“例外規定”で首位打者を獲得する可能性が出てきている日本ハム・大谷翔平投手は、21日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で5打数3安打1打点と活躍。今季7度目の猛打賞を記録し、チームの連敗ストップに貢献した。

4番を打つべき選手は誰なのか――山崎武司氏が見る侍ジャパン打線の実力(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 大谷は今季打者として65試合出場。278打席、230打数で80安打を放ち、打率3割4分8厘と好成績。仮にシーズン残り31試合全て打者として出場して、このペースを守れば、シーズン410打席、339打数、118安打が見込まれる。

 今季の規定打席は443。残り全試合に打者として出場し、打席ペースを守れば規定打席には33打席が足らない。不足する33打席分を凡打としてシーズン見込みの339打数に足して打率を計算すると、打率3割1分7厘。現在のパ・リーグ打率ランキングでは2位に相当する。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中