野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ロッテ平沢、本拠地初安打の3戦連続適時打 伊東監督はスタメン継続を示唆

ロッテ平沢、本拠地初安打の3戦連続適時打 伊東監督はスタメン継続を示唆

ロッテのドラフト1位ルーキー平沢大河内野手が23日、日本ハム戦(QVCマリン)で相手先発バースからラッキーな打点付きの本拠地初安打を放った。

相手が交錯でラッキーな安打、「いい所に飛んでくれました」

 ロッテのドラフト1位ルーキー平沢大河内野手が23日、日本ハム戦(QVCマリン)で相手先発バースからラッキーな打点付きの本拠地初安打を放った。

 0-4の2回2死一、二塁、149キロのツーシームにつまったが、遊撃・中島卓と左翼・西川が交錯。中島が落球して二塁打となった。

「いい所に飛んでくれました。ああいう形でマリン初ヒット、初打点をあげられてよかった。負けている場面でチャンスに回ってきたら、1本打ちたいと思っていた」

 17日の楽天戦から6試合連続スタメンで、6試合連続安打に3試合連続タイムリー。守備も2回に中前に抜けそうな西川の打球を二塁ベース後方で捕球して、振り向きざまに一塁に素早い送球を見せるなど安定感も増してきた。

 伊東監督も「相手投手との兼ね合いはあるが、打つ感じはある。疲れもあるだろうが、良くはなっている」と結果が出ている間は当分スタメンで起用することを示唆した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中