野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム、パで唯一負け越していたロッテと五分に SBと再び-0.5差に“接近”

日ハム、パで唯一負け越していたロッテと五分に SBと再び-0.5差に“接近”

23日はソフトバンクが敗れたものの、勝率1厘差の-0.5ゲーム差で2位と逆転はならなかった日本ハム。だが、ロッテに快勝し、マジック点灯を阻止。立役者は初回の大谷と陽岱鋼だった。

20160729_ohtani

マジック点灯を阻止、技あり先制打の大谷は「普段はああいう打ち方はしない」

 23日はソフトバンクが敗れたものの、勝率1厘差の-0.5ゲーム差で2位と逆転はならなかった日本ハム。だが、ロッテに快勝し、マジック点灯を阻止。立役者は初回の大谷と陽岱鋼だった。

 先頭・西川がスタンリッジから遊撃内野安打、杉谷がきっちり送り、大谷が内角に食い込むスライダーを技ありで右前に先制適時打とした。「腕をうまくたたんで打てた」と大谷。「普段はああいう打ち方はしない」と強引なバッティングだったことを認めたが、何が何でも先制点を取るという気迫が出ていた。

 さらに、田中賢が三ゴロ失策で出塁し、チャンスを広げた直後に陽岱鋼がスタンリッジの真ん中低め148キロの直球を右翼席へ11号3ラン。「コンパクトに振ることだけを意識した。強い打球を打つことだけ。いい感じで逆方向に打てました」と振り返った。初回に4得点。結局、この先制パンチで勝ち切った。

人気記事ランキング