野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

終盤の猛攻で久々の快勝 SB工藤監督 「みんなをほぐしてくれる1勝」

24日、ソフトバンクは楽天に5-0の快勝。0-0で迎えた7回裏、この日1軍に上がったばかりの江川智晃が先制の1号ソロを放つと、中村晃のタイムリーも出て2得点。8回には松田宣浩の3ランで突き放した。

1軍昇格の江川が先制1号、第1打席の凡打を見て「今日は1本出てくれるんじゃないか」

 24日、ソフトバンクは楽天に5-0の快勝。0-0で迎えた7回裏、この日1軍に上がったばかりの江川智晃が先制の1号ソロを放つと、中村晃のタイムリーも出て2得点。8回には松田宣浩の3ランで突き放した。先発の中田賢一は、初回から毎回四球を出しながらも粘りのピッチングで7回無失点。森福允彦、森唯斗とつないで楽天打線をシャットアウトした。

 試合後の工藤公康監督は「よく打ってくれた」と江川の先制弾を称賛しながら、久々の快勝にやや早口に言葉を続けた。それは、江川が第1打席、高々と上がったレフトフライについてだ。

「あのレフトフライが相手へのプレッシャーになり、次の打席の四球につながって、ホームランにつながった。1打席目を見て、今日は1本出してくれるんじゃないかと思っていた。1つの凡打でも相手にプレッシャーをかけられるということ」

 さらに指揮官が称えたのが、江川の本塁打の直前に10球粘った吉村裕基の打席(結果は一塁ゴロ)だ。

「凡打にはなったけど、吉村くんの粘りが江川くんのホームランにつながったと思う。みんなで1人のピッチャーを攻略していくんだという思いが出た場面。何とか塁に出ようとする気持ちが相手ピッチャーに伝わったと思う。あのつながりを取り戻すことができたら、(打線が)今までどおりに戻るんじゃないかと思うし、明日以降、そこに期待したいね」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中