野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-18アジア選手権】日本の強敵!? “台湾の大谷翔平”は本家・大谷に憧れ「不思議な存在です…」

3度目の優勝を目指し、各地から厳選したトップ選手を集めた代表チームの中でも、台湾国内の話題を総ナメにしているのが、背番号「1」の陳琥選手だ。

プロ入りが決まっている陳琥、直前の大会では投打4賞を獲得

 30日から台湾・台中市で開催される第11回BFA U-18アジア選手権。出場するのは8つの国と地域だが、現在のアジアの野球事情を見ると日本、韓国、チャイニーズ・タイペイ、中国が“4強”と言われ、頭一つ抜けた存在になっている。ファーストラウンドでは、グループAに日本とチャイニーズ・タイペイ、グループBに韓国と中国と2チームずつ振り分けられた。つまり、日本が最初に顔を合わせる“4強”は、31日に対戦するチャイニーズ・タイペイとなる。

侍ジャパンの命運握る機動力 元盗塁王・高木豊氏が語る盗塁・走塁の重要性(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 過去2度の優勝を果たし、前回2014年は韓国と日本に次ぐ3位だったチャイニーズ・タイペイは、WBSC(世界野球ソフトボール連盟)の最新世界ランキングで4位につける強豪だ(日本は1位)。4大会ぶりに開催国になったこともあり、今大会に懸ける意気込みは大きい。指揮を執るのは、20年以上の指導歴を誇る名将・蔡明堂監督。そして、3度目の優勝を目指し、各地から厳選したトップ選手を集めた代表チームの中でも、台湾国内の話題を総ナメにしているのが、背番号「1」の陳琥選手だ。

 選手登録は投手だが打撃でも類い稀なるセンスを持つ陳琥。身長182センチ、体重90キロと恵まれた体格の右腕に付いたニックネームは、その名も“台湾の大谷翔平”だ。台湾は9月から1学期が始まるため、6月には高校を卒業。8月に行われたプロ野球ドラフトでは、1巡目(全体3位)で中信兄弟に指名され、すでにプロ入りが決定している。直前に行われた大会では、MVP、最優秀投手、本塁打王、ベスト9(DHで)と、主だった賞を総ナメした。投げては、140キロ台後半のストレートを武器に、打たせて取るスタイルでアウトの山を築き、打っては4番を任され、パワーあるバッティングで打線を牽引。地元メディアも「彼は間違いなくNo.1選手。投げても打っても素晴らしい」と太鼓判を押す。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中