野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュ、緩急生かし5勝目 女房役も満足「カーブでタイミング崩せた」

レンジャーズのダルビッシュ有投手は29日(日本時間30日)、本拠地でのマリナーズ戦に登板し、6回2/3を6安打3失点9奪三振2四球で5勝目を挙げた。

201608830_darvish2

岩隈との日本人対決制す、カーブを効果的に使い復帰後最多の110球で7回途中3失点

 レンジャーズのダルビッシュ有投手は29日(日本時間30日)、本拠地でのマリナーズ戦に登板し、6回2/3を6安打3失点9奪三振2四球で5勝目を挙げた。マリナーズの岩隈久志投手とメジャー3度目の対決。岩隈が3回5失点でKOされる中、右肘手術から復帰後で最多となる110球を投げ、白星を掴んだ。女房役のジョナサン・ルクロイ捕手による緩急をうまく使った配球も光った。

 序盤から150キロ超の直球を中心にマリナーズ打線を打ち取っていったダルビッシュ。勝負どころではカーブを効果的に織り交ぜ、的を絞らせなかった。3回はヒットと盗塁で2死二塁のピンチを迎えたが、スミスは直球とカーブの2球種で追い込むと、最後はフルカウントから96マイル(約155キロ)の直球で左飛。5点リードで迎えた4回は1点を失ったが、2死二塁からズニーノをカーブで見逃し三振。6回2死二塁の場面も、4回にタイムリーを浴びていたリンドを67マイル(約108キロ)のワンバウンドのカーブで空振り三振に仕留めた。

 試合後、テレビインタビューに答えたルクロイは「基本的には速球で投球を組み立てた。その中で緩急、特にスローカーブで相手のタイミングを崩すことで上手く打ち取れたと思います」と明かした。速球とカーブ。シンプルな配球でマリナーズ打線に的を絞らせなかった。

人気記事ランキング