野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-18アジア選手権】インドネシア代表が0-35の大敗で得た収穫 高校時代の恩師・小枝監督の教え

第11回BFA U-18アジア選手権の3日目、インドネシア代表は日本代表に0-35で完敗した。4人でつないだ投手陣は、4イニングで22安打13四球35失点。打線は、日本の先発・藤嶋健人(東邦)に5回を無安打10三振無四球無得点のパーフェクトピッチングを許した。

20160901_koeda

インドネシア代表アドバイザー野中氏「国際大会でのあるべき姿を見せてくれた」

 第11回BFA U-18アジア選手権の3日目、インドネシア代表は日本代表に0-35で完敗した。4人でつないだ投手陣は、4イニングで22安打13四球35失点。打線は、日本の先発・藤嶋健人(東邦)に5回を無安打10三振無四球無得点のパーフェクトピッチングを許した。

侍ジャパンの命運握る機動力 元盗塁王・高木豊氏が語る盗塁・走塁の重要性(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 インドネシア代表のアドバイザーを務めるのは、日本人の野中寿人氏だ。2001年に移住して以来、現地の子供たちに野球を教え、代表監督を歴任した野中氏は、徹底的にやり込められた試合の後で「やっぱり恩師ですね」と笑顔で言った後で表情を引き締めた。恩師とは――。今大会でU-18日本代表を率いる小枝守監督のことだ。日大三高の野球部3年生として甲子園出場を果たした1979年、チームを率いていたのは、誰であろう小枝監督だった。

「やっぱり国際大会は、こうあるべきだという姿を見せてくれた。国内で最高の選手を揃えて、最高のチーム体制を整えて臨まなければ失礼に当たる。最後はちょっと手を抜いてくれたかもしれませんが(笑)、それでもこれだけ大敗したことを、インドネシアはしっかり受け止めなければいけないでしょうね」

 アジアでは、日本、韓国、台湾、中国の4強の下に、フィリピン、タイ、インドネシア、香港、パキスタンなどの第2グループが位置する。だが、4強と第2グループの実力差は、とてつもなく大きい。それでも「本当は50点以上差がつくかもしれないって思ってたんですよ。でも、なんとか30点台で収まりました」と言うのは、決して謙遜からではない。実は、大会が始まる前日、野中氏は「今回のチームは史上最弱かもしれない」と話していた。インドネシア国内にいるU-18のベストメンバーを揃えられなかったからだ。

人気記事ランキング