野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNAは球団創設5年目で初のCS進出なるか 悲願達成へカギと不安要素は?

広島が25年ぶりの優勝に向けたマジックを4に減らし、9月7日の「史上最短V」に盛り上がりを見せているが、セ・リーグではクライマックス・シリーズ(CS)進出をかけた争いも近年にない白熱した展開となっている。その中心にいるのが、DeNAだ。

20160531_ramirez

4位ヤクルトとの直接対決は残り7試合、DeNAは悲願のCS進出なるか

 広島が25年ぶりの優勝に向けたマジックを4に減らし、9月7日の「史上最短V」に盛り上がりを見せているが、セ・リーグではクライマックス・シリーズ(CS)進出をかけた争いも近年にない白熱した展開となっている。その中心にいるのが、DeNAだ。

 現在3位をキープ。球団創設5年目で初となるCS進出に向け、なんといってもカギとなるのは4位・ヤクルトとの直接対決だろう。

 5位の阪神が自力でのCS進出が消滅し、2チームによるマッチレースが濃厚。DeNAはヤクルトに2ゲーム差をつけているが、6日からの3連戦(横浜)を皮切りに、残り16試合で実に7試合も直接対決を残している。この対決の結果いかんでは、あっさりと順位をひっくり返される危険もはらむ。

 今季の対戦成績は、ここまでDeNAが11勝7敗と勝ち越している。ただ、楽観視できない要素もある。その一つが、ヤクルトの怪我人の復帰だ。

 8月に左肋骨挫傷で離脱していた昨季のトリプルスリー男、山田は同25日に復帰し、バレンティンとクリーンアップを形成。山田だけではない。昨季のリーグ最多安打男・川端も、6日から復帰する可能性がある。これ以上ない怖い存在が、難敵として立ちはだかりそうだ。

人気記事ランキング