野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 楽天が初回先頭から2者連続弾 1点先制許すも、あっという間に逆転

楽天が初回先頭から2者連続弾 1点先制許すも、あっという間に逆転

楽天が11日の日本ハム戦(コボスタ宮城)で、初回先頭から2者連続本塁打を放つ離れ業を演じた。

楽天 スタジアム

岡島が右翼席へ6号先頭弾を放てば、ペレスは右翼ラッキーゾーンへ4号ソロ

 楽天が11日の日本ハム戦(コボスタ宮城)で、初回先頭から2者連続本塁打を放つ離れ業を演じた。

 まずは1番・岡島豪郎外野手だ。1点を奪われた直後。1ボール1ストライクから加藤のスライダーを振り抜いた。右翼スタンドへ伸びていく先頭打者弾。2試合連続となる6号ソロで同点に追いついた。

 それに続いたのはペレスだ。1ボール1ストライクから、加藤のスライダーを右翼ラッキーゾーンへ。2試合ぶりの4号ソロで勝ち越した。

 続く3番・島内の遊撃内野安打、二盗などで2死二塁としたが、この回は2点止まり。それでも、破壊力満点の攻撃だった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング