野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島25年ぶりV、優勝会見全文 選手の胸打った黒田博樹の涙

選手の涙を誘った黒田の号泣、「黒田さんの涙があってのこと」

――菊池選手の涙を見たのは初めてという方が多いと思いますが。

菊池「さっき新井さんも言ってましたけど、黒田さんが泣いていたので、もらい泣きして、これは黒田さんの涙があってのことです」

――監督にうかがいますが、歴史に残る圧倒的な強さでしたが、何が変わったのか。今年の強さの要因は何だったのでしょうか。

緒方「強い強いと言われていますけど、開幕してから、苦しい試合がずっと続いていたんですよね。特に投手陣の方が、ケガ人が続出して、その限られた人数の中で、何とかペナントを戦っていかなければいけない。そのピッチャー陣の中で、先発、中継ぎと、いろんな役割をやってもらいながら、戦っていましたし、その中で、それを守る野手ですよね。本当にピッチャーを助ける守備、そして攻撃、そういうのが本当に噛み合いだして、力がついてきたなというのが交流戦ぐらいの時期ですかね。あの時に、これが今シーズン、我々が目指す野球なんだということを、本当に数多くあそこからやってくれたので、大きな力となって、勝ち切れたと思っています」

――今日の試合も投手陣は勝ちパターンの盤石な体制でしたし、攻撃の方でも、今シーズンのチームの良さが随所に出ていたと思います。

緒方「だから、選手は本当に自信を持っていいと思うんですよ。まだ成長の途中だとは思うんですけど、本当に選手に送りたい言葉は、ありがとうという言葉と、もっともっと自分の力を信じろと、これからもっと成長していくということ。本当に、今日の試合もそうですけど、一人一人が自分の役割をやった上で、思い切ってグラウンドでプレーしてくれている。それが、チームの力となって、今日もそういう目指す野球の形で、勝てたゲームだったと思います。

――黒田さんと新井さんにうかがいますが、お二人は昨年チームに復帰して、2年目で優勝という形になりました。

黒田「さっき新井が言ってましたけど、本当に夢のようで、ちょっと出来すぎかなという感じですね」

――黒田さんにとっては、今シーズンは現役を続ける決断もあったと思いますが。

黒田「いろいろ悩みながらも、もう1年やると決めて、まさかこういう結末が待っているとは思っていなかったので、本当に監督をはじめ、チームメイトに感謝したいなと思います」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」