野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、防御率トップも…ヤ軍逆転負け、NY紙は「なぜタナカを代えた?」

田中将大、防御率トップも…ヤ軍逆転負け、NY紙は「なぜタナカを代えた?」

プレーオフを目指すチームにとっては痛い敗戦となった。辛辣なNYメディアは、7回93球でエースを降板させたジョー・ジラルディ監督の采配に疑問を投げかけている。

20160916_tanaka3

田中は7回1失点93球で降板、痛恨サヨナラ負けで地元紙は采配に疑問投げかける

 ヤンキースの田中将大投手は15日(日本時間16日)、敵地でのレッドソックス戦に登板し、7回4安打1失点3四球と好投した。4点のリードを守って降板したものの、救援陣が崩れて、5-7でまさかの逆転サヨナラ負け。プレーオフを目指すチームにとっては痛い敗戦となった。辛辣なNYメディアは、7回93球でエースを降板させたジョー・ジラルディ監督の采配に疑問を投げかけている。

 この試合ではメジャー74試合目で初めての奪三振ゼロと、打たせて取るピッチングでレッドソックスの強力打線を抑えていった田中。4点リードの3回に2四球とヒットで満塁のピンチを背負い、オルティスに犠飛を許したが、その他のイニングはピンチを背負っても得点は許さなかった。

「三振は取れなかったけど、その代わりに今日はゴロアウトがすごく多かったので、大怪我の少ない投球は出来たと思います。低めのスプリットで今日はゴロを打たせることが多かったですね」

 本人は試合後、地元メディアの取材にこう答えている。「(レッドソックスは)打線がいいですから、その相手にそんな簡単なピッチングは出来るとは思ってマウンドには上がっていないので。実際に苦労したイニングもありましたし、我慢強く投げることが大事だと思ってました」。地区首位のレッドソックス相手に集中力を切らさず、最小失点に抑えてゲームを作った。

 しかし、田中が7回で降板すると、ヤンキースは8回に2番手ウォーレンが1失点。9回はレイン、パーカーがピンチを招き、ここで登板した守護神ベタンセスがオルティス、ベッツに連続タイムリーを浴びて1点差。最後はラミレスにサヨナラ3ランを浴び、9回だけで5失点とまさかの大逆転負けを喫した。

人気記事ランキング