野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、自己最多14勝も「情けない投球」 HR量産の新人捕手には脱帽

田中将大、自己最多14勝も「情けない投球」 HR量産の新人捕手には脱帽

ヤンキースの田中将大投手が21日(日本時間22日)の敵地レイズ戦に先発し、自己最多となる14勝目(4敗)をマークした。

20160922_tanaka2

1イニング4被弾も自身最長7連勝&防御率1位死守

 ヤンキースの田中将大投手が21日(日本時間22日)の敵地レイズ戦に先発し、自己最多となる14勝目(4敗)をマークした。3回に自己ワーストとなる1イニング4本塁打を被弾したが、その後は粘りの投球を見せ、6回7安打5奪三振2四球4失点で降板。打線の援護もあり、自身最長の7連勝を飾った。田中は試合後、地元メディアに4被弾について「情けない投球」と振り返り、「今までこういう経験はなかった」と語った。

 ヤンキース打線はこの日、2回までに7点を奪うなど17安打11得点と爆発。女房役のルーキー、サンチェスが2本塁打を含む3安打5打点の活躍を見せた。

 大量リードを受けた田中は2回まで無失点に抑えたものの、3回無死走者なしでラストバッターのウィルソンに左翼席へソロ弾を被弾。その後、2死から3番ロンゴリア、4番ミラー、5番ディカーソンと3者連続でソロ本塁打を浴び、自身初の1イニング4本塁打を許した。

 それでも4回以降は立ち直り、3イニング連続で無失点に抑えて降板。メジャー1年目の13勝を上回る14勝目を手にし、防御率3.07でリーグ1位の座も死守した。

人気記事ランキング