野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • 1位だけがドラフトの醍醐味じゃない 今季2位指名以下で輝き放った選手たち

1位だけがドラフトの醍醐味じゃない 今季2位指名以下で輝き放った選手たち

今年も216人がプロ志望届を提出し、若者たちが明日のプロ野球選手を夢見ている。運命のドラフトは10月20日。各球団は競合、即戦力などを見極めながら、1位選手の絞り込みに入っている。だが、1位だけがドラフトの醍醐味ではないことは、今年の成績からも分かるはずだ。

20161015_tobashira

楽天3位指名の茂木は新人王有力候補、117試合出場で打率.278の活躍

 今年も216人がプロ志望届を提出し、若者たちが明日のプロ野球選手を夢見ている。運命のドラフトは10月20日。各球団は競合、即戦力などを見極めながら、1位選手の絞り込みに入っている。だが、1位だけがドラフトの醍醐味ではないことは、今年の成績からも分かるはずだ。

 今季は阪神の高山俊外野手やDeNAの今永昇太投手らドラ1選手たちが存在感を示す一方、2位指名以下の選手でも輝きを放った選手が多くいた。楽天の茂木栄五郎内野手がその筆頭だ。

 ドラフト3位で早大から入団すると開幕1軍入りを達成。開幕戦では新人野手として球団史上初のスタメン起用となり、「6番・遊撃」で出場。1年目は通算117試合に出場し、ランニング弾2本を含むシーズン7本塁打、打率.278を記録。野手では18年ぶりとなる新人王の有力候補に挙がっている。

 DeNAの戸柱恭孝捕手も1年目から躍進を果たした。ドラフト4位ながら正捕手の座を獲得。124試合に出場。打率.226ながら巧みなリードでラミレス監督の期待に応えた。投手陣からの信頼も厚く、将来有望。高城、嶺井といった若き捕手陣と切磋琢磨しながら球団初のCS進出に大きく貢献した。混迷を続けた正捕手問題は解消に向かっている。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中