野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

V3を逃したソフトバンクの誤算…盤石なはずの救援陣で抱えた借金「9」

V2の15年から大きく数字を落とした救援陣…守護神サファテは43Sも7敗喫す

 ソフトバンクが救援陣で9個の借金を抱えたのとは対照的に、日本ハムは13個の貯金を作った。同点やリードした場面で救援が崩れて落とした試合の多さを物語る。ちなみに、独走で優勝した15年のソフトバンク救援陣の成績は、23勝11敗44セーブ106ホールド、防2.81。今季は大きく数字を落としたことが分かる。

 主に勝ちパターンで登板してきたリリーフ陣の成績を15年と16年を比較すると以下のようになる。

▽サファテ
15年 65試合 5勝1敗9ホールド41セーブ 防1.11
16年 64試合 0勝7敗8ホールド43セーブ 防1.88

▽森唯斗
15年 55試合 5勝2敗16ホールド 防2.69
16年 56試合 4勝3敗14ホールド1セーブ 防2.98
 
▽五十嵐亮太
15年 54試合 3勝1敗31ホールド2セーブ 防1.38
16年 33試合 0勝1敗7ホールド 防3.62
 
▽森福允彦
15年 32試合 0勝2敗14ホールド 防5.82
16年 50試合 2勝1敗16ホールド 防2.00
 
▽バリオス 
15年 30試合 0勝2敗20ホールド1セーブ 防3.18
16年 11試合 0勝2敗3ホールド 防7.82
 
▽スアレス 
15年 加入前で登板なし
16年 58試合 2勝6敗26ホールド1セーブ 防3.19

 特に目を引くのが、サファテの7敗。昨季は1つだけだった黒星が一気に7つまで増えた。この7敗はすべて同点の場面に登板して喫したもので、これを減らせていれば、順位も変わっていたかもしれない。森、五十嵐といった面々は年間を通じて安定していたとは言えず、特に五十嵐は大きく数字を落とした。昨季よりも好成績を残しているのは、森福くらい。新加入のスアレスもチームに大きく貢献したが、6敗は痛かった。

 こう見ると、今季のソフトバンクは接戦をモノに出来ず競り負け、星を落としていたことが分かる。盤石と思われていた救援陣の不振。こんなところにも、V逸の一因が隠されている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」