野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

パ・リーグ球団にドラフト指名された甲子園出場の選手たち

田中正義を引き当てたソフトバンクは、ドラフトした4人のうち2人が高校生

 田中投手を引き当てた福岡ソフトバンクは、春夏甲子園でいずれもベスト4に入り、侍ジャパンU-18でも正捕手を担った秀岳館高の九鬼隆平選手を3位で指名。4位では、今春のセンバツに出場した青森山田の内野手・三森大貴選手を指名。育成ドラフト3位の八戸学院光星・田城飛翔(つばさ)選手は、まずは首脳陣にアピールし、支配下登録を目指す。

 今季、最下位に終わったオリックスは3位で花咲徳栄高の岡崎大輔選手を指名。オリックスには今季、先発出場の機会を増した若月健矢選手という同校の先輩がいる。花咲徳栄高の中心選手としてともに活躍を見せた広島2位指名の高橋昂也投手に負けないほどの活躍を見せたい。

 そして、6位でオリックスに指名されたのは敦賀気比高の山崎颯一郎投手。189センチの長身投手であり、緩急をつけた投球で打者を翻弄する。敦賀気比高では昨年の平沼翔太選手(北海道日本ハム)に続き2年連続のプロ入りだ。

 今年も甲子園という大舞台に出場し、記憶に残る数々の活躍を見せた高校生たちが各チームに指名され、プロとして新たなスタートを切る。今後のパ・リーグを支えていくであろう若き新星の成長と活躍を願い、これからもじっくりと見守っていきたい。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」