野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

FAの上原浩治にクローザーとして「価値」 MLB公式サイト特集「経験も豊富」

40歳を超えても需要の多い上原、「まだまだ彼には価値がある」

 今季、レッドソックスはキンブレルをトレードで獲得したため、上原はセットアッパーとして開幕を迎えた。前半戦は苦しみ、6月は防御率5点台まで跳ね上がったことも。7月19日のジャイアンツ戦では右胸筋の張りを訴えて降板し、そのまま故障者入りした。

 しかし、9月に復帰してからは11試合連続無失点でシーズンを終え、地区優勝に貢献。ポストシーズンでは、レッドソックスは地区シリーズでインディアンスに3連敗を喫して敗退したものの、上原は2試合無失点と好投していた。

 MLB公式サイトは「ウエハラはこれまでと変わらぬ素晴らしさを発揮した。34.2%というストライクアウト率(全アウトのうち奪三振が占める割合)は、2013年以降で最も高い数字であり、40イニング以上を投げたリリーバー(176選手)の中で11位にあたる」と称賛。力の衰えは見えないと分析している。

 また、来季42歳となる年齢についても「野球界において、現在の彼が若い選手とは言えないのは確かだ。しかし、素晴らしいスプリットを武器にして、三振を奪うスキルは間違いなく健在であり、試合を締めくくる経験も豊富だ。まだまだ彼には価値が備わっている」と高く評価している。

 メジャーにおいて、まだまだハイレベルな救援投手と見られている上原。クローザーとして獲得する球団が出てくる可能性も十分にありそうだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」