野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神高山、進化へ掲げた課題 ボール球の見極め→三振減→出塁率アップ

阪神・高山俊外野手が2日、西宮市内の球団事務所で契約更改を行い2500万円増の年俸4000万円(推定)でサインした。

2500万円増でサイン、「研究される分、レベルアップしないと」

 阪神・高山俊外野手が2日、西宮市内の球団事務所で契約更改を行い2500万円増の年俸4000万円(推定)でサインした。契約更改を終えた高山は「上げてもらいました。本当に評価してもらって満足しています」と安堵の表情を見せた。

 ドラフト1位で入団した今季は134試合に出場し、打率.275、8本塁打、65打点。136安打は球団新人安打記録を更新するなどBクラス(4位)に沈んだチームの中で奮闘。2007年の上園啓史以来8人目、野手では01年の赤星憲広以来の新人王にも輝き、充実した1年を送った。

 来季は他球団のマークも厳しくなってくるが「研究される分、(今年と)同じだと数字は残せない。僕もレベルアップしていきたい」と力を込めた。課題にはボール球の見極め、三振数(109)を減らし、出塁率を上げることを掲げた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」