野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

サブローが描き出した野球人生 グラウンド内外で見せたいくつもの“顔”

去る、2016年9月25日、一人の選手がフィールドを去った。大村三郎=サブロー。大きなタイトルを獲得したことはないが、ロッテには欠かせない選手だった。やはり、この男はマリーンズの太陽だ。太陽を見た時にはいろいろ感じる。真っ赤に燃えさかるものや、青く冷静に見えるもの。この選手は後者に近いプレースタイルだった。

サブローはマリーンズの太陽!?

 去る、2016年9月25日、一人の選手がフィールドを去った。大村三郎=サブロー。大きなタイトルを獲得したことはないが、ロッテには欠かせない選手だった。

 やはり、この男はマリーンズの太陽だ。太陽を見た時にはいろいろ感じる。真っ赤に燃えさかるものや、青く冷静に見えるもの。この選手は後者に近いプレースタイルだった。

 当日、QVCマリンに訪れた人にとっては、前者だったのだろう。試合後、引退セレモニー。それまで曇りだったり、たまに太陽が顔を出していたりしていた千葉の天候。「こんな私ですが22年間と長い間、愛してくださって本当にありがとうございました」。サブローが話している際は、夏のような太陽が顔を出し、汗が吹き出すような快晴になった。

 マリーンズが変わる時代。95年、ボビー・バレンタインが監督に就任したシーズン、ドラフト1位として入団した。名前に合わせて登録名も「サブロー」。背番号も「36」。細身の身体ながら懸命にプレーした。

 そこから努力を重ね、身体を大きくし、現在の位置にたどり着いた。入団当初から走攻守、すべてにおいて抜きん出ていた。感情を表に激しく出すタイプでもない。「スマートな選手」という印象。とはいえ、本人もいろいろと試行錯誤した時期もある。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」