野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

左肩手術のSB髙田が400万円ダウンでサイン「来年、悔しさをぶつけたい」

6日、ソフトバンクの高田知季が契約更改をし、400万円ダウンの推定年俸2,000万円でサインした。

9月に手術、復帰まで6か月「キャンプには全力で走れるように」

 6日、ソフトバンクの髙田知季が契約更改をし、400万円ダウンの推定年俸2,000万円でサインした。

 髙田は今季36試合に出場したが、左肩を痛めて7月6日に登録抹消。9月29日に肩関節鏡視下バンカートの手術を受け、復帰まで6か月という診断が出されていた。

「(シーズンの)最初にチャンスをいただいたのに結果を出せず、後半はケガでチームの力になれなかった。来年はこの悔しさをぶつけたい」

 1月も筑後でリハビリに努めるが、2月のキャンプでも「全力でプレーできるか微妙なところ」だと言う。

「焦りはあるが、しっかり治しておかないと。再発する方が良くないと思うので、時間がかかっても治すことを優先した方がいいのかなと思う。可動域が固まっている状態なので、家でも可動域を伸ばすストレッチはやっている。まだ(腕が振れず)全力で走れない状態だが、キャンプでは全力で走れる状態までにはしたい」

 ベテランから若手まで、内野手も競争が激しいだけに気持ちが焦るのは当然だろう。ただ、来季少し出遅れても挽回するチャンスはある。髙田らしいハツラツとしたプレーを取り戻すまで、しっかりとリハビリに励んでほしい。

【了】

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」