野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

上原浩治は連続世界一への“切り札” 米メディア「カブスを一層恐ろしいものに」

レッドソックスからフリーエージェント(FA)となっていた上原浩治投手が、今季世界一に輝いたカブスと契約合意に達したと米複数メディアが報じた。

WS制覇のカブスと年俸5億円で合意、“世界一クローザー”が揃う

 レッドソックスからフリーエージェント(FA)となっていた上原浩治投手が、今季世界一に輝いたカブスと契約合意に達したと米複数メディアが報じた。1年450万ドル(約5億1300万円)と伝えられている。カブスからはシーズン終了後にアロルディス・チャップマン投手がFA(ヤンキース契約)となったものの、ロイヤルズからトレードでウェイド・デービス投手を獲得したばかり。2013年(上原)と2015年(デービス)のワールドシリーズで“胴上げ投手”となったクローザーが世界一チームに揃うこととなった。

 米「CBSスポーツ」は、来季のカブスのブルペンの陣容として、クローザーはデービスになると予想。現時点で、右腕はカール・エドワーズ・ジュニア、ジャスティン・グリム、ヘクター・ロンドン、ペドロ・ストロップ、そして上原の5人がいて、左腕はブライアン・ダンシングのみと紹介している。複数メディアは、上原が昨季、左打者に対して被打率.139(79打数11安打)という圧倒的な数字を残したことを特筆。チャップマン、トラビス・ウッドがFAとなり、マイク・モンゴメリーは先発ローテ入りが期待されるため“左腕不足”となりつつあるカブスのブルペンで、上原の存在は貴重だという。

 地元メディア「CSNシカゴ」は「ウエハラは右投げだが、左打者を抑える。日本での素晴らしいキャリアの後、7つのポストシーズンシリーズ(ワイルドカードゲーム1度、地区シリーズ3度、リーグ優勝決定シリーズ2度、ワールドシリーズ1度)で投げている。開幕日の翌日に42歳を迎えるが、ズラリと並ぶブルペンがウエハラの維持を助けるだろう」と分析。負担がかかりすぎることはなさそうだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」