野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

上原浩治がカブス入りでRソックスファンの感謝の声殺到「貢献を忘れない」

レッドソックスからFAとなっていた上原浩治投手が、カブスと1年450万ドル(約5億1300万円)で契約合意したと米複数メディアが報じた。来季は更なる活躍が期待されるが、一方で、4年間在籍したレッドソックスのファンは、上原の去就決定を嘆いている。

カブスとの契約合意を古巣ファン嘆く「なんてこった」「すでに恋しい」

 レッドソックスからFAとなっていた上原浩治投手が、カブスと1年450万ドル(約5億1300万円)で契約合意したと米複数メディアが報じた。今季108年ぶりの世界一に輝いた強豪への移籍が決まり、来季は更なる活躍が期待されるが、一方で、4年間在籍したレッドソックスのファンは、上原の去就決定を嘆いている。

 上原は2013年にレッドソックスに入団してから、圧倒的な活躍を続けてきた。初年度には中継ぎで開幕を迎え、シーズン途中からクローザーを任されると、73試合登板で4勝1敗21セーブ13ホールド、防御率1.09の好成績をマーク。ポストシーズンでもリーグ優勝決定シリーズでMVPに輝く活躍を見せ、世界一に大きく貢献した。

 4年目の今季はキンブレルの加入でセットアッパーに転向。リーグ前半は苦しみ、右胸筋を痛めて故障者リスト(DL)入りも経験したが、9月7日のパドレス戦で復帰してからは11試合連続無失点と快投を続け、地区優勝に導いた。今季の成績は50試合登板で2勝3敗7セーブ18ホールド。防御率はリリーフ転向後では最も悪い3.45だった。

 シーズン終了後にFAとなった上原だが、レッドソックスと再契約する可能性も十分にあると思われていた。しかし、その後、レッドソックスが中継ぎ右腕のソーンバーグを獲得。上原と再契約する可能性は消滅していた。その時も、レッドソックスファンは上原との別れを嘆く声を上げていたが、実際にカブスと契約合意に達したことでわずかな希望すら完全に消滅し、地元メディアの記事に寄せられた“悲鳴”はより大きなものとなっている。その中には、カブスの上原獲得を称えることも多くあった。

「2013年をありがとう、コウジ!」

「ウエハラの数字は2016年も普通に見える。いつだろうと試合を終わらせる機会を得たときは、とても良い数字を残した。歳を取ったことはわかる。でも自分はボストンが彼と再契約してほしかった。起こりえないことなんだろうけど」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」