野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

8選手のうち活躍した選手は一握り DeNA来季躍進のカギ握る助っ人の出来

球団創設5年目にして初のクライマックス・シリーズ進出を果たしたDeNA。大きな節目となったシーズンにおいて収穫と課題も残った。助っ人外国人の働きが、その一つ。今回は今季在籍した8選手を総括する。

球団創設5年目で初のCS進出果たしたDeNA、外国人選手の働きはどうだった?

 球団創設5年目にして初のクライマックス・シリーズ進出を果たしたDeNA。大きな節目となったシーズンにおいて収穫と課題も残った。助っ人外国人の働きが、その一つ。今回は今季在籍した8選手を総括する。

〇ホセ・ロペス内野手
123試合、打率.263、34本塁打、95打点、推定年俸1億5000万円

 巨人から移籍2年目の一塁手は来日4年目でキャリアハイの成績を残した。本塁打数はリーグ3位の34発。同1位の筒香とともに形成したクリーンアップは他球団の脅威となった。8月には30打席連続無安打の大スランプを味わったが、CS争いも佳境の9月には月間MVPの活躍を見せた。

 難しいワンバウンド送球もいとも簡単に処理し、ゴールデン・グラブ賞を受賞した守備でもチームを助けた。この男なしにCS進出はなかっただろう。球団はシーズン中に来季からの2年契約を結び「DeNAで野球のキャリアを終えられるように、頑張りたい」と“生涯・ベイスターズ”を誓っている。

〇ジェイミー・ロマック内野手
30試合、打率.113、0本塁打、2打点、推定年俸7500万円

 ロペスとは対照的にブレーキとなったのが、今季から加入した助っ人だった。米マイナー通算200本塁打の看板を引っさげ、ラミレス監督から「5番・サード」として「20から25本塁打は打ってほしい」と大きな期待を受けて入団。春季キャンプの対外試合で場外弾を放ち、オープン戦ではチーム1号の一発も放った。

 だが、相手チームに対策を施されたシーズンでは急降下。日本の野球に対応できず、開幕から10試合で2安打にとどまり、2軍行きに。シーズンの大半をファームで過ごした。それでも腐らずに練習に取り組み、一塁まで全力疾走する生真面目な姿も見せたものの、シーズン最終盤の1軍昇格では2試合2打席で安打なし。通算71打数8安打と期待を裏切り、レギュラーシーズン終了直後、ポストシーズンを待たずに帰国。11月にパドレスとマイナー契約を結ぶことが発表された。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」