野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ダルビッシュ、自主トレ参加の田中将大に「スプリットは酷評されました」

レンジャーズのダルビッシュ有投手とヤンキースの田中将大投手が12日、自身のインスタグラムに全く同じツーショット写真を投稿した。

全く同じツーショット写真を投稿、「チェンジアップは合格点を貰えた」

 レンジャーズのダルビッシュ有投手とヤンキースの田中将大投手が12日、自身のインスタグラムに全く同じツーショット写真を投稿した。

 田中はこの日、インスタグラムの公式アカウントを開設。「初投稿はこの方と…」のコメントとともに、ジムでのツーショット写真を掲載した。この日は久々に「ダルビッシュ塾」に参加したといい、ダルビッシュも自身のアカウントで全く同じツーショット写真を紹介し、「トレーニング参加2回目のまさおさん。下半身のトレーニングメニューでしたが、しっかりポテンシャル発揮してました」と報告した。

 さらに「トレーニング終わりでキャッチボールしましたが自分のスプリットは酷評されました。。チェンジアップは合格点を貰えたので自信持ちますm(__)m」とコメント。球界屈指のスプリットの使い手である田中に「酷評」されたことを明かした。

 田中はジーターが引退した2014年に発売されたTシャツを着用。「RESPECT」の「S」が、ジーターの背番号と同じ「2」になっているシャツで、笑顔でダルビッシュと写真に収まっていた。2人の仲の良さがうかがえるやり取りは続き、ツイッターでは田中の「めちゃくちゃ乗り気で撮ってくれたじゃないですかー」のコメントに、ダルビッシュが「そりゃあ光栄なことなのでm(__)m」と答えていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」