野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • マリナーズ先発陣不安視する声 ヘルナンデス&岩隈の課題は「健康面」

マリナーズ先発陣不安視する声 ヘルナンデス&岩隈の課題は「健康面」

来季、2001年シーズン以来となるプレーオフ進出を目指すマリナーズに関して先発ローテを不安視する見方が出ている。現地の記者が球団公式サイトでファンの質問に回答する形で見解を示している。

20160927_iwakuma

マリナーズ打線には高評価も先発不安視する声

 来季、2001年シーズン以来となるプレーオフ進出を目指すマリナーズに関して先発ローテを不安視する見方が出ている。現地の記者が球団公式サイトでファンの質問に回答する形で見解を示している。

 マリナーズの球団公式サイトでは「マリナーズは今オフに強化されたのか」との特集記事を掲載。MLB公式サイトのマリナーズ番記者、グレッグ・ジョンズ氏がファンの様々な質問に答えている。

「昨季よりもラインアップは強化されたのか? 先発ローテーションは向上するか」との問いかけに、同記者は「打撃陣について昨季以上」と分析。「紙の上ではジーン・セグラ遊撃手という実績のある先頭打者を獲得したことでラインアップは強化した。堅実な右打者ダニー・バレンシアも加えて均衡も取れている。もしも、ライトでミッチ・ハニガーがディポト(GM)の期待通りの活躍を見せれば、それもまたチームの戦力になる。ロビンソン・カノ、ネルソン・クルーズ、カイル・シーガーという主軸が際立った活躍を見せた昨季に近い成績を維持することも要求される」とレポートした。

 マリナーズはオフに青木宣親外野手がアストロズに移籍。一方でダイヤモンドバックスで今季打率.319、20本塁打、64打点と活躍したセグラを獲得した。同選手はリードオフマンとして期待され、アスレチックスから獲得したバレンシアとDバックスから加入した25歳のハニガーも即戦力として評価されている。

人気記事ランキング