上原浩治の“大記録”を米記者が「現役最高」と紹介も…ファン訂正「史上最高」

上原のWHIPはメジャー史上最高?

 先発の場合には1.00以下だとメジャーを代表する投手という評価になるこの数値をクローズアップすることで、上原の素晴らしさを紹介したはずだったが、ツイッターの返信欄には“物言い”がついた。

「ウエハラのWHIPはメジャー史上で1位。現役投手だけではない」
「コウジ・ウエハラはメジャー史上最高(0.864)のWHIPを記録している」

 地元ファンが次々に「現役最高」の部分について「史上最高」と修正。先日、「CSNシカゴ」のクリストファー・カムカ記者もツイッターでデータを投稿し、上原は400イニング以上投げたピッチャーの中でメジャー史上最高のWHIPを誇ることを紹介していた。

 圧倒的な制球力を誇る上原はフォアボールが極端に少なく、メジャー8年間でわずか66四球となっている。レッドソックスの2013年のワールドシリーズ制覇に絶対守護神として貢献した日本人右腕の凄さは、メジャーファンなら誰もが知るところ。メジャー史上最高の「安定感」を引っさげて、ワールドシリーズ王者のブルペンを強化することになりそうだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY