野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

アジア初Vの侍U-12で仁志監督が選手に注いだ“愛”「息子たちのような存在」

中国・広東省で開催された「第9回 BFA U-12アジア選手権」で初優勝を果たした侍ジャパンU-12代表が14日に凱旋帰国した。午後8時過ぎに羽田空港に到着。家族らの出迎えを受けた後、記者会見を行った。

5戦全勝V、星子天真主将「優勝しか狙ってなかった」

 中国・広東省で開催された「第9回 BFA U-12アジア選手権」で初優勝を果たした侍ジャパンU-12代表が14日に凱旋帰国した。午後8時過ぎに羽田空港に到着。家族らの出迎えを受けた後、記者会見を行った。

 グループ予選から5戦全勝で初優勝を手にした侍ジャパンU-12代表は、金メダルを首から下げ、胸を張って帰国。羽田空港では家族や関係者から温かい出迎えを受けた。記者会見で、元巨人の仁志敏久監督は「初めてのアジア制覇ということになりました。選手の能力が非常に高く、我々の方が助けられることが多かったので、選手が勝ち取った優勝だと思っています。今後につながる非常に大きな優勝だったと思うので、U-12から野球界を盛り上げていければと思います。その素晴らしいきっかけになったと思います」と喜びを語った。

 選手は代表4名が会見に臨んだ。優勝から一夜明けた感想を聞かれると、金沢海斗は「15人が最初から集まった時から優勝しか狙っていなかったので、優勝できて本当に良かったです」と笑顔。山下真輝も「海斗と一緒で優勝しか狙っていなかったので、優勝できて嬉しいです」と話し、田栗慶太郎は「U-12初のアジア優勝をでき、とても嬉しく思っています。次のU-12にも優勝してほしいです」と来年の侍ジャパンU-12代表に期待を寄せた。キャプテンを務めた星子天真は「今、みんなが言ったように、東京での合宿で15人が集まった時から優勝しか狙っていませんでした。日本のために優勝しようと話していたので、優勝できて嬉しいです」と語った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」