野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元SB李大浩、日本や韓国への復帰も選択肢? NPB4球団が興味と韓国紙報じる

元SB李大浩、日本や韓国への復帰も選択肢? NPB4球団が興味と韓国紙報じる

マリナーズからFAとなった李大浩内野手について、韓国ロッテのほか、日本の4球団も興味を示していると、韓国紙が報じた。昨年の日本シリーズMVPに輝くなど日本での実績も十分な韓国人スラッガーの去就に注目が集まっている。

韓国ロッテも契約に動く? 本人はメジャーでも「フルタイム」での出場を希望

 マリナーズからFAとなった李大浩内野手について、韓国ロッテのほか、日本の4球団も興味を示していると、韓国紙が報じた。昨年の日本シリーズMVPに輝くなど日本での実績も十分な韓国人スラッガーの去就に注目が集まっている。

 昨季終了後、メジャー挑戦のためソフトバンクを自由契約となった李大浩は、マリナーズとマイナー契約。キャンプでアピールに成功して開幕メジャーの座を掴むと、左打者との併用ながら勝負強い打撃で存在感を見せた。ただ、後半戦は失速し、マイナー落ちも経験。104試合出場(先発出場75試合)で317打席と出場機会も限られ、最終的には打率.253、14本塁打、49打点でシーズンを終えた。

 そんな強打者について、韓国紙「コリア・タイムズ」電子版は「夢追い人から大黒柱へ」と題した特集記事を掲載。その中で「2017年シーズンにどのチームでプレーするかの選択を前にして、李は自分の経験と実績に見合う扱いでフルタイムのポジションを保証する球団を探していると話した」と伝えている。

 記事では、メジャーでのプレーは李大浩にとって夢だったと紹介。高額の報酬が保証されていたソフトバンクでのプレーではなく、マリナーズとのマイナー契約を選んだのも、それが理由だったと言及している。ただ、同紙は「シーズンを終え10月に帰国してから、彼は二児の父親や大黒柱としての役割と両立可能な野球キャリアを探したいと話すようになった」と指摘。マリナーズのような併用ではなく、完全なレギュラーとして起用してくれる球団を探しているという。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」