野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークスV逸も高評価で1億5000万円到達 中村晃“リーグ屈指”の貢献度とは

去る12月13日。ソフトバンクの中村晃外野手(27)が、ヤフオクドーム内にある球団事務所で契約交渉に臨み、今季から3000万円増となる1億5000万円で来季の契約を更改。チームは悔しいV逸を喫した中で、増額を勝ち取った。

複数の打順、守備をこなす27歳

 去る12月13日。ソフトバンクの中村晃外野手(27)が、ヤフオクドーム内にある球団事務所で契約交渉に臨み、今季から3000万円増となる1億5000万円で来季の契約を更改。チームは悔しいV逸を喫した中で、増額を勝ち取った。

 交渉後の会見。「3割は打てなかったが、他の数字は上がっているので、自分が目指すところには進んでいけていると思う」と語った背番号7。今季は2013年から3年連続で続けていた3割を逃す打率.287。それでも、高い評価を受けたのには、ワケがある。

 ソフトバンクにとって、中村晃の存在は重要である。今季は7番で開幕を迎え、シーズンを通じて1番、2番、3番、5番、6番と6つの打順に入った。守備でも左翼に加え、右翼、一塁を守った。チーム状況に応じて、どこの打順でも適応でき、かつ、この3つの守備位置ならば、高いレベルでプレーが可能だ。

 打撃面で、チームメートの柳田悠岐や松田宣浩のような派手さはなく、玄人好みのいぶし銀タイプである。だが、その数字を見てみれば、その働きがいかにチームに貢献していたかがよく分かる。

 今季は全143試合に出場。先に記したように、4年連続の3割到達こそ逃したものの、出塁率は.416を記録した。これは柳田、そして首位打者を獲得したロッテ・角中勝也に続くリーグ3位だ。この出塁率を生み出したのが、高い選球眼と類い稀なるバットコントロールである。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」