前西武助っ人右腕がロッキーズとマイナー契約 NPBでは不発&1年で退団

C.C.リーがロッキーズとマイナー契約、米記者が伝える

 今季西武に所属した台湾出身右腕、C.C.リー投手がロッキーズとマイナー契約を結んだと米記者が伝えている。

 今季開幕前に西武と契約した30歳は3月25日のオリックス戦で初登板し、ホールドをマーク。しかしその後は失点を重ね、結局18登板で0勝0敗、1ホールド、防御率6.48に終わった。

 1年で退団となった右腕について米野球専門誌「ベースボール・アメリカ」のマット・エディ記者は自身のツイッターでロッキーズとマイナー契約を結んだことを報告。米スポーツ専門サイト「SBネーション」はこれを受け、「彼の年齢とメジャー経験から、リーはシーズン開始時にトリプルAのアルバカーキに配属されるだろう」と分析している。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY