野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 未完の大器トレード、「史上初」大補強…由伸巨人、2016年の10大ニュース

未完の大器トレード、「史上初」大補強…由伸巨人、2016年の10大ニュース

2016年シーズンの巨人は、原辰徳前監督から高橋由伸監督に政権が交代した1年目。広島に17.5ゲームと大きく差がつき、2位に終わった。クライマックスシリーズに挑んだが、DeNAに本拠地・東京ドームで屈し、敗退。先発、リリーフを含め、投手陣の不安定さや打線の核の不在などが際立ち、オフには大型補強を敢行するなど話題は尽きなかった。2016年の巨人の10大ニュースをまとめた。

由伸監督1年目、ドラフトしんがり男デビュー

 2016年シーズンの巨人は、原辰徳前監督から高橋由伸監督に政権が交代した1年目。広島に17.5ゲームと大きく差がつき、2位に終わった。クライマックスシリーズに挑んだが、DeNAに本拠地・東京ドームで屈し、敗退。先発、リリーフを含め、投手陣の不安定さや打線の核の不在などが際立ち、オフには大型補強を敢行するなど話題は尽きなかった。2016年の巨人の10大ニュースをまとめた。

○8年目の「未完の大器」大田がついにトレードへ

 2008年ドラフト1位で東海大相模から将来の4番打者候補として入団。松井秀喜氏がつけていた背番号55を引き継いだ。毎年のように期待されたが結果を残せず、在籍8年で9本塁打。球団は新天地での活躍を願い、日本ハムとトレード交渉。左腕の公文とともに、吉川光夫、石川慎吾と2対2のトレードが成立。大田移籍の報道は衝撃を与えた。

○ドラフトしんがり男、長谷川潤が育成から即支配下で先発

 育成ドラフト8位で入団。12球団全116選手中、最終116番目のしんがり指名となった25歳のサイド右腕。3月下旬に支配下登録されると5月6日の中日戦(東京ドーム)でプロ初登板初先発。5回途中4失点。1軍では3登板で0勝1敗、防御率8.53だったが2軍では25登板で7勝5敗、防御率2・77。来季の飛躍が楽しみな存在となった。

○エース・菅野智之が防御率&奪三振のタイトル獲得

 勝ち運に見放され、9勝6敗と2ケタ勝利に到達しないという不運もあった1年だったが、自分自身の力が大きく影響する個人タイトルは獲得。防御率2.01、奪三振189はリーグトップ。投球術は前年よりも上回っていた。しかし、大事なCSでは体調を崩し、登板できなかったため、来季はシーズンを通じたエースの働きが求められる。

○斎藤巨人、ファーム選手権優勝

 今年から2軍監督に就任した斎藤雅樹監督が、イースタンリーグを制すと、ファーム選手権でウエスタンの覇者・ソフトバンクを破り、21年ぶり8度目の優勝を果たした。最優秀選手には4番としてソロを含む2安打3打点を放った岡本が選出。選手層が厚い中でも若手も積極的に起用した。また、斎藤監督はU-23代表監督としてメキシコで世界一にもなった。

○田口が初2桁勝利で躍進も先発陣安定せず

 3年目の田口麗斗投手が開幕ローテから奮闘し、10勝10敗でシーズンを終えた。しかし、2桁勝利したのが21歳左腕だけで、内海や大竹寛、マイコラスら高年俸の投手たち開幕2軍と期待外れで高橋監督の構想が大きく崩れた。来年は移籍や配置転換などで先発のコマを多く増やし、乗り切っていく。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」