野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

世界も驚嘆、数々の「史上初」と「衝撃」見せた大谷翔平の2016年

侍ジャパンでも欠かせない戦力となり、米国のメディアでも「ショウヘイ・オオタニ」の名前が頻繁に報じられるようになった22歳。2016年はどのような軌跡を描いたのか。数々の「史上初」を打ち立てたその歩みを10大ニュースとともに振り返ってみたい。

投打で進化、二刀流の実力証明した22歳

 今季、投打で飛躍を果たした日本ハムの大谷翔平投手。負傷もあり、規定投球回には届かなかったが、打撃面で大きな飛躍を見せ、「リアル二刀流」が大きな話題を呼んだ。高卒4年目の今季は投手として21試合に登板し、10勝4敗1ホールド、140回、174奪三振、防御率1.86。打撃でも104試合で323打数104安打、打率.322、22本塁打、67打点、7盗塁の好成績をマーク。圧巻の存在感でチームのリーグ優勝、日本一に貢献した。

 侍ジャパンでも欠かせない戦力となり、米国のメディアでも「ショウヘイ・オオタニ」の名前が頻繁に報じられるようになった22歳。2016年はどのような軌跡を描いたのか。数々の「史上初」を打ち立てたその歩みを10大ニュースとともに振り返ってみたい。

〇アリゾナ“品評会”で関係者絶賛

 日本ハムが米アリゾナ州ピオリアで実施した春季キャンプは、まさに“大谷品評会”となった。初登板初先発となった韓国ロッテ戦ではメジャー全球団が視察する中、2回4K、1安打無失点。打撃でも実戦4試合で打率5割(12打数6安打)、1打点をマーク。投手専念を推す声が多い中、バットでもメジャー関係者から評価された。キャンプを視察したパドレスのマーク・ロレッタ氏(ベースボールオペレーション特別補佐)は「すごいパワー。あれだけ若いうちにあれほどのパワーとバットスピードを兼ね備えているのは本当に珍しいこと」、「もちろん大谷の才能あふれる打撃とパワーは素晴らしい。投手だけに専念させるのはもったいないと思う」と絶賛した。

〇史上初、投手として衝撃の初球先頭打者弾

 7月3日のソフトバンク戦で「1番・投手」で先発。1回表、相手先発・中田が初球で投じたスライダーをフルスイングし、右中間スタンドへ叩き込んだ。投げても最速161キロの直球を武器に、8回120球を投げて10奪三振2四球、5安打無失点。チームを2-0の勝利に導いた。この時点で首位だったソフトバンクを3タテにする勝利で、日本ハムは9年ぶり10連勝。栗山監督も衝撃の一発を「完全敵地のアウェーの中でもやっぱりプロ野球のロマンというか、ファンの人たちが度肝を抜かれるというか、そういう空気感になったことはこちらも感じられた。それでいいし、とても意味のある本塁打だったと思います」と称賛した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」