野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

3年連続Bクラス、監督交代、主将が初球宴出場…西武の2016年10大ニュース

終始下位に低迷した西武ライオンズにとって、2016年は非常に苦しいシーズンだった。記録達成など、個人成績には明るい話題も少なからずあったが、最高借金21、8カード連続負け越し、失策数101など、チーム成績にはいくつもの厳しい数字が残った。苦戦したこの一年を、10大ニュースで改めて振り返ってみる。

シーズン後に田邉監督が退任、辻新監督が就任

 終始下位に低迷した西武ライオンズにとって、2016年は非常に苦しいシーズンだった。記録達成など、個人成績には明るい話題も少なからずあったが、最高借金21、8カード連続負け越し、失策数101など、チーム成績にはいくつもの厳しい数字が残った。苦戦したこの一年を、10大ニュースで改めて振り返ってみる。

◯3年連続Bクラス

 田邊徳雄監督体制3年目(2014年は途中から指揮)とあり、今年こそCS出場に期待がかかったが、3年連続Bクラスという悔しい結果に終わった。開幕戦をサヨナラ勝利、2戦目は逆転勝利と、2試合連続で勝負強さを見せ、幸先良くスタートしたかに映ったが、5試合目から3連敗(3月30日・ソフトバンク戦~4月3日楽天戦)。それでも、逆に、4月3日から5連勝を飾り、貯金も4まで増やしたが、終わってみれば貯金はこの時が最大だった。

 4月19日(日本ハム戦)に借金生活に突入すると、以後、シーズン終了まで完済することはできなかった。原因は決して1つではないが、大きかったのが昨季チーム最多勝を挙げた十亀剣が開幕直後から不調で、最後まで復調できなかったことだろう。また、エース岸孝之も4月後半に故障離脱し、最終的に9勝止まりだったほか、野上亮磨も安定感を欠き、ローテーションを守りきれなかった。さらに守護神・高橋朋己が左肘を手術し復帰は未定。野手でも、主砲・中村剛也が昨季後半に悪化した膝の状態が芳しくなく、精彩を欠くなど、核となるべき主力選手の不振、故障が重なったのは痛恨だった。

◯田邊徳雄監督辞任で、後任に辻発彦新監督が就任

 2014年シーズン途中から指揮を執ってきた田邊監督が、3年連続Bクラスという成績不振の責任を取る形で自ら辞意を表明した。2002年に2軍打撃コーチに就任して以来、一貫して若手育成に携わっていただけに、多くの選手と信頼関係を築き、それぞれの特徴を熟知していたはずだったが、そのメリットを活かしきれず。愛弟子たちと『優勝』の悲願を達成することはできなかった。 
 来季からは、「黄金期」と評されたかつてのライオンズで田邊前監督と二遊間を組んでいた辻発彦監督が指揮を執ることとなった。「球際に強く」をテーマに掲げており、どのようにチームを再建していくのか、大いに期待したい。なお、田邊前監督は、来季から『球団本部チームアドバイザー』に就任することが球団から正式に発表された。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」