野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

抜群のチームワークでアジア初制覇の侍ジャパンU-12 選手の声を改めて紹介

12月9~13日に中国・広東省で開催された「第9回 BFA U-12アジア選手権」で初優勝に輝いた侍ジャパンU-12代表。15人の“小さな侍”たちは国内合宿、大会本番と10日以上の時間をともに過ごし、固い絆で結ばれた。「U-15、U-18、そしてトップチームでまた集まろう」と約束。さらなる成長を誓い、故郷(ふるさと)に帰った。年末に日本に明るいニュースを届けた全選手の喜びの声をあらためて紹介したい。

年末に明るいニュースを届けた15人の“小さな侍“たち

 12月9~13日に中国・広東省で開催された「第9回 BFA U-12アジア選手権」で初優勝に輝いた侍ジャパンU-12代表。15人の“小さな侍”たちは国内合宿、大会本番と10日以上の時間をともに過ごし、固い絆で結ばれた。「U-15、U-18、そしてトップチームでまた集まろう」と約束。さらなる成長を誓い、故郷(ふるさと)に帰った。年末に日本に明るいニュースを届けた全選手の喜びの声をあらためて紹介したい。

(1)星子天真(熊本・弓削キング)
「いい経験になりました。福原聖矢の走攻守、すべてが凄かったです。高橋大和の緩急の上手さも凄かったです。みんなと別れるのは寂しいです。優勝した後、みんなにはU-15、U-18、最終的にはトップチームで会おうと言いました。短期間で少しでも成長できたのはチームメイトのおかげ。ありがたいです」

(2)福原聖矢(沖縄・世名城ジャイアンツ)
「大会を通し、普段の生活が野球に出るので、普段の生活からしっかりとした行動をとらないといけないと思いました。優勝はうれしかったです。沖縄だけでは感じられない、いいピッチャーの真っ直ぐを見られて楽しかったし、変化球の配球を組み合わせることもいい経験になりました。(将来は)日本の野球界を背負うような選手になりたいです」

(3)疋田悠真(北海道・東16丁目フリッパーズ)
「全試合でヒットを打つことができ、活躍できてとてもよかったです。最初はまとまらないところもありましたが、最後にはまとまったいいチームになりました。これからはU-15、U-18の選手になれるように頑張りたいです。体がまだ細いので体重を増やしてパワーのある選手になりたいです」

(4)砂頼人(岩手・帯島スポーツ少年団)
「あまり結果は出ませんでしたが、チームとしてまとまって、優勝できて嬉しいです。バッティングの調子がちょっと悪かったのですが、大会中に修正できなかったのが悔しいです。これからは調子が悪くても結果を出せる、そして、チームのみんなから信頼される選手になりたいです」

(5)内間究(沖縄・真喜良サンウェーブ野球部)
「100点です。守備でチームを盛り上げられたし、ピッチャーにも声をかけることができました。明るくて、しっかりしたチームメイトでした。これからはここにいるみんなよりも上手くなって、次に会う時はみんなよりも上手くなっていたいです。そのためにこれからも努力をしていきたいです」

(6)金澤海斗(沖縄・泊ファイトクラブ)
「信頼できる仲間でした。自分の力は半分も出せませんでしたが、チームのみんなが頼りになってミスもカバーしてくれたのでよかったです。ミスはランナー三塁でゴロではなく、力みすぎてフライを打ってしまったところです。これからはチームから信頼されるバッターになりたいと思います」

人気記事ランキング