野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

FA間近のダルビッシュ引き留めに米記者が一転否定的見解「レ軍無茶しない」

今オフにレンジャーズからフリーエージェント(FA)となる見通しのダルビッシュ有投手。FAとなれば争奪戦となる可能性が高いだけに、その前段階で球団側がどのような引き留め策を見せるのかが注目されている。そんな中、地元記者が球団側の今後の動きを予測。「(レンジャーズは)30歳の投手に無茶はしない」と長期に及ぶ大型契約に否定的な見解を示している。

ダルビッシュの引き留めに米記者が一転否定的な見解

 今オフにレンジャーズからフリーエージェント(FA)となる見通しのダルビッシュ有投手。FAとなれば争奪戦となる可能性が高いだけに、その前段階で球団側がどのような引き留め策を見せるのかが注目されている。日本ハムからポスティングを経て渡米した際には6年総額5600万ドル(約65億円)で契約。米メディアの間では次の契約について年俸3000万ドル(約35億円)規模となる予測も出ている。そんな中、地元記者が球団側の今後の動きを予測。「(レンジャーズは)30歳の投手に無茶はしない」と長期に及ぶ大型契約に否定的な見解を示している。

 そのような分析を掲載したのはレンジャーズの地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」電子版。レンジャーズの番記者を務めるエバン・グラント氏が読者の質問に回答する形式で特集を組んだ。その中で寄せられた質問が、「今季で6年契約が満了するダルビッシュをレンジャースは失ってしまうのでは? 球団は彼を引き戻すオファーを出すと思うか」というもの。これに関して、グラント記者は以下のように回答している。

「彼は最低、5年契約で年俸3000万ドルの価値がある。レンジャーズは30歳の投手にそんな金額をコミットするほどの無茶はしない。むしろ、彼らはもっと若いショウヘイ・オオタニの獲得に力を注ぐのではと私は考えている」

 同記者は昨年10月に行われた専門家による対談企画の中で「この球団(レンジャーズ)はここ数年で投手の有望株をトレードに出しており、現在ローテーション上位に近いうちに食い込んでくる候補はいない。だから、向こう3年、4年間のことを考えれば、チャンスのあるダルビッシュがベストの選択肢となるはず」と言及。右腕との契約延長がレンジャーズの最優先事項となると指摘していた。さらにその後の特集記事でも、右腕の引き留めに要する資金として「6年、2億ドル(約234億円)近くになるだろうと思っている」と予測し、先手を打って交渉をすれば、契約延長は可能との見解を示していた。

人気記事ランキング