野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム斎藤佑、理想のフォームは「高校生や大学生の頃」 鍵握る「肩の状態」

理想の投球フォームは「高校生や大学生の頃」

「肩を壊して使っていなかったから、というのはあります。肩の可動域が狭くなるとリリースポイントが合わない。広がると、投球のタイミングが全て整う。指にかかるボールも増えてくる」

 昨シーズン終了後からキャッチボールを継続。肩の柔軟性を出すべく「肩甲骨を動かせるトレーニング」も行っているという。「確実に肩を痛めた時よりは良くなっていると思います」と手応えを口にした。斎藤が抱く理想の投球フォームは“ハンカチ王子”、“佑ちゃんフィーバー”を巻き起こした「高校生や大学生の頃」という。それでも、「今の体は昔と違う。(アマチュア時代の投法を)うまく取り入れるようにしたい」と語る。

「体はほぼ出来ている。あとは2月1日にスタートダッシュできるように肩の状態を作ること。それが1番です」

 まずは2月の春季キャンプで復活の狼煙を上げたいところだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」