野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ドラ10入団から15年―楽天・後藤光尊が引退会見「積み重ねた努力は誇り」

ドラ10入団から15年―楽天・後藤光尊が引退会見「積み重ねた努力は誇り」

今オフに楽天から戦力外通告を受け、現役引退した後藤光尊氏が10日、Koboパーク宮城で引退会見を行った。

20170110_goto

小柄な体で戦った通算1361試合、トライアウト受験も決断

 今オフに楽天から戦力外通告を受け、現役引退した後藤光尊氏が10日、Koboパーク宮城で引退会見を行った。

「15年間、様々な人に支えられ、長いことやることができた。感謝の気持ちでいっぱいです」

 2001年のドラフト会議でオリックスから10位指名され、川崎製鉄千葉からプロ入り。主力として活躍した後、13年オフに鉄平とのトレードで楽天に移籍した。昨年10月に戦力外通告を受け、同11月のトライアウトに参加したが、獲得球団はなく、ユニホームを脱ぐ決断を下した。

「なんとか現役続行の道を模索したが、そこまでに至らなかったので寂しい気持ち」と率直な思いを話した。

 ドラフト10位からスタートした15年間の現役生活。「入団当時、自分の中で順位は関係ない、入ってからが勝負だと思っていたので、それなりにはできたのかなと思う」と胸を張った。

 通算1361試合に出場し、打率.269、476打点。175センチ、75キロと小柄な体格ながらパンチ力のある打撃を見せた。

人気記事ランキング