野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム移籍の大田泰示、覚醒の鍵は中田翔? 指揮官「翔にとってもプラス」

栗山監督も期待「翔がヤバいと思う選手が入ることが、翔にとってもプラス」

 中田は大阪桐蔭高で通算87本塁打を放ち「怪物」と呼ばれたが、プロ1年目の08年から3年間で9本塁打。出場機会を得られない状態が続いていたものの、11年からレギュラーに定着した。プロ9年間で161本塁打。昨季は2年ぶりに打点王に輝くなど、今や侍ジャパンの4番に君臨する。

 一方で打撃練習では中田に劣らず、左中間席へ豪快に打ち込む大田。同じ過程を歩んできた背番号6の存在は、必ず大田の生きた教材となるはずだ。

 栗山監督は11月の大田の入団会見で「翔がヤバいと思う選手が入ってくることが、翔にとってもプラス。俺がお願いしたのは、思い切りやってくれ、3回フルスイングして三振してくれ、中途半端はやめてくれと」と4番を脅かす活躍を期待している。

 大田が中田級の活躍を見せれば、それだけ日本ハムの日本一連覇も近づいている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」