野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

野球人生変えた「怪物」への憧れ 中日ドラ1右腕が横浜高を選んだ理由

明大からドラフト1位で中日に入団した柳裕也投手。宮崎・都城市から神奈川の横浜高に進学した高校時代は、春夏合わせて甲子園に3度出場。明大ではエース兼主将として4年時に春秋リーグ連覇に貢献。明治神宮大会では日本一に輝いた。ドラフトではDeNAとの2球団競合の末、中日が交渉権を獲得。アマ球界の名門校を進み、新人王候補の呼び声も高いルーキーが、これまでの野球人生を振り返った。

20170116_yanagi

15歳の少年が自ら直訴「横浜高校に入りたい」

 明大からドラフト1位で中日に入団した柳裕也投手。宮崎・都城市から神奈川の横浜高に進学した高校時代は、春夏合わせて甲子園に3度出場。明大ではエース兼主将として4年時に春秋リーグ連覇に貢献。明治神宮大会では日本一に輝いた。ドラフトではDeNAとの2球団競合の末、中日が交渉権を獲得。アマ球界の名門校を進み、新人王候補の呼び声も高いルーキーが、これまでの野球人生を振り返った。

 野球を始めたのは小学3年の時だった。所属していた宮崎・都城市の志比田スポーツ少年団で小学6年の時に軟式の全国大会で優勝。中学で硬式に転向し、都城シニアでプレー。高校は、幼い頃から憧れていた横浜高に進学する。きっかけとなったのは、98年に甲子園連覇を達成した「怪物」の存在だ。

「子供の時に見た松坂大輔さん(現ソフトバンク)に憧れて『横浜のユニフォームを着たい』とずっと思っていました。松坂さん、涌井(秀章)さん(現ロッテ)など、すごいピッチャーの方が出られているので、横浜に行きたいと思っていました」

 所属するシニアチームの監督が、高校野球の関係者を通じ、招待試合で宮崎に来ていた当時の横浜高・渡辺元智監督(現終身名誉監督)、小倉清一郎コーチに会わせてくれた。

「渡辺監督、小倉コーチは自分の野球を見たことがなかったので、横浜まで行き、自分の野球を見てもらって、入部させてもらいました」

「横浜高校へ入りたい」という熱い思いを、15歳の少年が自ら直訴した。その思いが通じ、故郷・宮崎から遠く離れた甲子園春夏5度優勝の名門野球部に入部する。

「今考えると、すごいことしたよなぁ……って思います」と笑うが、その行動が、後の野球人生を築く礎となった。

人気記事ランキング