野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

各球団発表、1月16日の引退選手去就、スタッフ人事は?

昨季限りで巨人を戦力外となった元捕手の加藤健氏が新潟市内で記者会見し、独立リーグ・ルートインBCリーグ新潟の社長補佐に就任することが発表された。

元巨人・加藤がBC新潟の社長補佐就任

 昨季限りで巨人を戦力外となった元捕手の加藤健氏が新潟市内で記者会見し、独立リーグ・ルートインBCリーグ新潟の社長補佐に就任することが発表された。新潟・新発田農高から1998年ドラフト3位で巨人入り。18年間、巨人一筋でプレーした。「カトケン」の愛称で親しまれ、巨人では1軍通算185試合出場、273打数59安打、打率.216、3本塁打、24打点。新潟での具体的な業務は、新潟の野球少年を指導する「野球塾」や編成面、営業面と幅広く携わっていく予定だという。

 ソフトバンクは韓国サムスン・ライオンズの陳甲龍(チン・ガビョン)氏(42)を研修コーチとして受け入れると発表した。背番号は「020」。研修期間は春季キャンプから2軍公式戦終了までで、ホークス2軍バッテリーコーチのサポートや、ファームのチーム全体のサポート、コーチの指導方法やトレーニング方法などの研修を行う。同氏は現役時代、斗山ベアーズ、サムスン・ライオンズでプレーし、KBO通算1823試合出場で1445安打、154本塁打、753打点、打率.276の成績を残している。

セ・リーグ

【巨人】
加藤健捕手 BC新潟の球団社長補佐就任

パ・リーグ

【ソフトバンク】
陳甲龍 研修コーチとして受け入れ

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング