野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • セイバーメトリクスの指標から2017年を占う パ・リーグ期待の選手たち

セイバーメトリクスの指標から2017年を占う パ・リーグ期待の選手たち

二刀流・大谷翔平選手の活躍、リベンジに燃える福岡ソフトバンク、辻発彦新監督を迎え復活を目指す埼玉西武…。2017年もパ・リーグの見どころは尽きない。そんな中、昨年は出場機会が少ないながらも結果を残し、2017年に飛躍が期待される選手たちにスポットを当てる。

パ・リーグで飛躍が期待される選手たちは?

 二刀流・大谷翔平選手の活躍、リベンジに燃える福岡ソフトバンク、辻発彦新監督を迎え復活を目指す埼玉西武…。2017年もパ・リーグの見どころは尽きない。そんな中、昨年は出場機会が少ないながらも結果を残し、2017年に飛躍が期待される選手たちにスポットを当てる。

 連覇を狙う北海道日本ハムで今季注目されるのは、FAで巨人へ移籍した陽岱鋼外野手が抜けたセンターを誰が守るのかという点だろう。その候補に挙げられるのがプロ4年目の岡大海外野手だ。岡は昨年41試合出場と、15年の101試合を下回る出場機会に終わったが、打率.374と高い数字を残した。日本シリーズでは第1戦と第6戦で3番、第4戦、第5戦は「1番・センター」で出場し、チームの日本一に貢献した。

 岡の昨年の成績をセイバーメトリクスの指標で見てみると、OPS(長打率+出塁率)は.923。.900を超えると一流の打者と評され、同じチームの大谷のOPSは1.004だった。試合数が少なかったとはいえ、今シーズンの岡の活躍に期待が掛かる。現状、北海道日本ハムのセンターの候補は岡と巨人から交換トレードで移籍した大田泰示の一騎打ちが予想される。背番号31から18へと変わる岡のバッティングに注目だ。


栗山采配ズバリ!! ファイターズ・岡が代打起用に応える同点タイムリー!!【動画:パ・リーグTV】

 今季は4年ぶりのAクラス入りが至上命題となる埼玉西武。昨年は山川穂高内野手が49試合と出場機会を増やし、プロ入り初の2桁到達となる14本塁打をマーク。「おかわり2世」と言われる自慢の長打力を見せつけた。

人気記事ランキング