野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 米国代表がさらにパワーアップ メジャー屈指の強打者スタントンもWBC参戦

米国代表がさらにパワーアップ メジャー屈指の強打者スタントンもWBC参戦

マーリンズからは3選手がWBC出場へ

 ここに、2014年の本塁打王で、昨年はオールスターのホームラン競争で歴代最多の計61本塁打を放つなど、メジャーでも随一のパワーを誇るスタントンが加わる。外野は実力者3人が揃うが、ライトの専門はいない。スタントンはライトのスタメンか、DHでの出場という形になりそうだ。記事では、イチロー外野手が所属するマーリンズから、イエリッチ、マーティン・プラド内野手(ベネズエラ代表)を含めた3人の参戦が決定済みと紹介している。

 また、MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」では、スタントンが2015年にドジャー・スタジアムで放った衝撃的な場外弾の動画を紹介。ドジャー・スタジアムは、今回のWBCの決勝ラウンドの舞台だ。

「恐らく、2015年にスタントンがドジャースタジアムで巨大な本塁打を放ったことを思い出すだろう。打球は外野席を超えていった。スタントンはマイアミにある本拠地でも定期的に場外弾を放っている。WBCで同じようなことが起こらないとは限らない」

 記事では、このように言及している。豪華メンバーで初優勝を目指す米国代表にとって、スタントンの参戦が大きな力になることは間違いない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」